早漏克服にはあせらず地道な直し方による解消を

早漏とは性交時に十分な時間がたたない間に射精してしまうことを言います。
その理由はいろいろありますが、大体四つといわれています。
まず精神的なものが二つ。経験不足からくる物。次に想像力が強すぎ、不必要に強い刺激を感じ取ってしまうことで起こる物。
肉体的な理由は、射精神経が敏感すぎて普通の刺激でもすぐに射精してしまう場合。射精をつかさどる筋肉が弱く、留めて置けない物。
肉体的なものは病院にいって薬をもらうべきでしょう。きちんと専門家に聞いて直し方を知るべきです。
精神的なものは、経験をつめは大抵は解消される物で、それほど深刻に考える必要は無いでしょう。
とはいえ、経験をつむ以外の直し方が無いわけではありません。
早漏克服には何でも根気が要ります。たとえばジェルキングという増大法を行えば副産物的に刺激に強くなり、長持ちするようになりますが、かなり長い間地道に続ける必要があります。
活約筋を鍛えるのも有効ですが、これもすぐに早漏克服とは行きません。とはいえこれは手間がかからないので毎日するのも容易で、一番現実的な直し方といえるかもしれません。排尿時に肛門を締め、緩めることを繰り返すと活約筋を鍛えることができます、続けていればいずれ知らない間に早漏は解消されているはずです。
その他にも、その場しのぎならば先に一度射精しておいたり、避妊具を二枚重ねにすることである程度早漏克服は可能です。それではとても早漏を解消したとはいえませんが、覚えておけば急場はしのげます。
経験をつむにしても、訓練するにしても、薬をもらうにしても、早漏克服にはやはり時間と根気が要ることは間違いありません、腰を落ち着けてかかるべきでしょう。